MENU

キャピキシル・フィナステリド・ミノキシジルの効果副作用完全比較

育毛成分として有効であるとして、有名なフィナステリドとミノキシジルと最近なにかと人気のキャピキシルの副作用を比較してみました。

 

フィナステリドとミノキシジルは医薬品で厚労省にも認可されている成分で、科学的根拠もある期待値の高い成分ですが、一方で副作用の報告も科学的な見地から見られています。

 

キャピキシルに関しては、まだ公では認可されてない成分ですが、ミノキシジルの3倍の育毛効果があると噂されています。

 

以下にキャピキシル・フィナステリド・ミノキシジルの副作用について詳細に比較したので、気になった方は参考にして頂ければと思います。

 

キャピキシル・フィナステリド・ミノキシジルの副作用比較
  副作用 発症率 危険度
キャピキシル 頭皮の痒み・肌荒れ、ガン発症率の上昇 30% 低い
ミノキシジル ED(勃起障害)、女性化、多毛症、ニキビ・肌荒れ 5% 高い
フィナステリド 胃部不快感、うつ病、倦怠感、蕁麻疹、嘔吐や肝機能障害などの内臓機能不全 5% 高い

 

ミノキシジルやフィナステリドは副作用の発症率自体あどちらも5%と、低い数値なのですが万が一発症した場合、男性器機能の低下、肝機能障害、、内臓機能不全など、最悪の場合命に関わる重病に繋がる症状に陥る可能性があります。

 

やはりどちらも内用の医薬品なので、栄養素を取り込みやすいので効果も高いですがその分副作用のリスクも高くなるという感じです。

 

一方、キャピキシルは副作用の症状自体は肌荒れや頭皮のただれなど、比較的軽微な症状が目立ちます。

 

がしかし、それらの発症率は30%と高く、利用者の多くの人がちょっとした体の不快感を訴えているという報告があります。

 

やはり育毛は、長期的に行っていくものなので、副作用は一番に気を付けたいところですよね。

 

キャピキシル・フィナステリド・ミノキシジルの効果副作用完全比較